『伊賀米が美味しい4つの理由』

①気候

四方を山に囲まれた伊賀盆地は、内陸型の気候で昼と夜の気温差が8度以上と大きく、作物にとっては栄養素を吸収しやすい条件の中で心を込めて栽培しております。

 

②土壌

伊賀の土は粘土質が多く、大部分は灰色低土地となっています。その基となっている鉱物は2:1型鉱物というモンモリロナイト鉱物で形成されております。この鉱物は伊賀地方が古琵琶湖層の土壌でできていることに関連しており、腐植に富み、肥料成分を吸収、保持する力に優れた土壌となっています。

 

③水

淀川の源流域での清水に恵まれています。

 

④その他

伊賀米とその他のお米との決定的な違いは年間を通して味が変わらないことです。年をこしても味が変わることがなく、獲れたても、その後もいつでも美味しいのが伊賀米です。

 

 

『伊賀盆地の大自然』

南宮山をはじめとする山々に囲まれており大自然の恩恵を惜しむことなく受けながら作物が育ちます。